BELLOの日常

仕事のことや趣味の料理、写真など日々の変化を綴っています。

スーパーカブにリアボックスを固定装着

色々悩んでいた愛機スーパーカブにリアボックスを装着した。

 

今までのはすぐに取り外せるようにゴムの荷掛けバンドで簡易止めしてたけど延長リアキャリアにしっかりと固定しました。

 

そのために新たにまたまたJMSのボックスを購入して横向きに装着しました。

 

しばらくはこれで行こうと思ってます。

 

撮影機材はダブルシートに横向きで括り付ける予定です。

 

f:id:tarantella3104:20181005214341j:image

 

f:id:tarantella3104:20181005214403j:image

縦向きの装着が望ましかったけど全体的に縦長な感じになってしまうことで本来のフォルムが維持できなくなるのとストップランプが後方から見づらくなることを考慮してのことです。

 

このボックスは横向きでも収まりもいいですしね。

 

今日は北海道で地震があってちょうど一ヶ月。

 

もう一ヶ月経つんですね。

 

あんなに休んだのに仕事もたくさん頂けてありがたいです。

 

今日は撮影無く自宅にて一日中データ補正してました。

 

久しぶりにカルボナーラ作りました笑

 

f:id:tarantella3104:20181005215015j:image

 

 

 

2018 スーパーカブで行く北海道ツーリング 14 帯広〜苫小牧〜帰宅

帯広のドーミーインで朝を迎え早朝から朝ごはんをたっぷりいただきます。

 

f:id:tarantella3104:20180907124024j:plain

 

昨日こちらに到着した時大型バイクが二台停まっていましたが、そのうちの一台が道の駅恋問のラーメン屋さんで一緒だった男性でした。

所有バイクはヤマハのBOLT。

 

霧雨に濡れたバイクを丁寧に拭きあげていらっしゃいました。

 

しばし談笑させていただきました。

帰りのフェリーも一緒になるかもしれませんねなど話しをさせて頂きました。

 

 

チェックインぎりぎりまでホテルに滞在して外に出ると大型バイク二台とも停まっていましたので二人とも帯広滞在を決め込んだのですね。

私のバイクだと強風になったとき辛いので少しでも状況が悪くなる前に進むことにします。

 

 

 

思えば中標津の森林キャンプ場ではご飯など作れなかったのでぐっと遡って清里町でのキャンプが最後のキャンプらしいキャンプということになったわけですね。

 

 

この旅でテントを広げることはないと思うと少し寂しくなります。

 

私の性格上ライダーハウスはちょっと苦手だったのですが一泊くらいしてもよかったかなとも思います。

 

 

 

 

さあ、過酷な北海道ラストランになる予感もあり雨具を着込んで出発です。

 

 

帯広からR38をひたすら西に。

 

その後R274で日勝峠を越えます。

 

写真はありませんがかなり霧が濃く少し先も見にくい状況です。

 

 

明日になったらどうなるかわからないことを考えるとこの日の出発は正解だったかもしれません。

 

 

ところが峠を越えて下に入ると陽が差してきます。

 

 

峠を下り切る頃には最高の天気に!

 

 

 

気持ちのいいツーリングとなりました。

 

 

ビショビショだったレインウェアもすっかり乾いてきたので途中のコンビニで着替えてから苫小牧に入りました。

 

 

苫小牧に入ると風が強くなっていましたが雨は降っていません。

 

この北海道での最後の夜ということで地元の海の幸が頂ける北のゐざかやさんへ食事に行きます。

 

f:id:tarantella3104:20180907124032j:plain

カウンターの端に座らせてもらいます。

カウンターはいいですね。

 

 

板長の仕事を見るのは楽しいものです。

f:id:tarantella3104:20180907124048j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124018j:plain

サンマの刺身。

f:id:tarantella3104:20180907124045j:plain

さらにお刺身の盛り合わせも。

 

f:id:tarantella3104:20180907124021j:plain

お酒は樽前山

さっぱりしていて美味しかったです。

 

これ以外に増毛の國稀を頂きました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124035j:plain

てんぷらの盛り合わせ。

f:id:tarantella3104:20180907124038j:plain

焼き物は手羽先とアスパラの肉巻。

この焼き物の焼き加減と塩加減が絶妙。

 

すごく美味しかったです!

 

次は魚介の焼き物に挑戦だな!笑

 

 

ホテルに戻りテレビを観ながら飲み直しているうちに眠りに落ちていました笑

 

 

 

 

翌日またまたドーミーインの朝食バイキングを頂きました。

 

苫小牧のドーミーインではホッキ貝の炊き込みご飯と魚介カレーがありました!

 

 

やさしい味付けで美味しかったです。

 

帯広同様チェックアウトぎりぎりまで過ごし、バイク置き場に行くと・・・

 

 

 

強風に煽られ我が愛機倒れておりました・・・

 

大きな損傷もなく引き起こします。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124144j:plain

その後近くのウトナイ湖に行きます。

f:id:tarantella3104:20180907124159j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124202j:plain

ご覧のように天気はいいです!

 

ただ風が少し強かったです。

 

f:id:tarantella3104:20180907124217j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124206j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124220j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124223j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124152j:plain

道の駅をのぞいてみようと行ってみると・・・

 

f:id:tarantella3104:20180907124155j:plain

台風21号の影響で休館。

 

駐輪場にCB400が停まっていました。

 

ライダーは青年。

 

挨拶をしてしばし談笑。

 

 

新潟に帰るそうで東港からのフェリーに乗り込むようです。

 

 

給油してから苫小牧港ちかくのぷらっとみなと市場に行ってみます。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124440j:plain

ここで会社関係のお土産を買おうと思いましたがみなと市場だけあってお菓子などは売っておらず。

 

 

ここから近くにあるホッキ丼で有名なマルトマ食堂に行ってみます。

 

f:id:tarantella3104:20180907124400j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124408j:plain

これは食事後に撮ったものですが私が着いたとき20人以上の人が列を作っていました。


 

50分ほど待ちました。

 

f:id:tarantella3104:20180907124416j:plain

まるとま丼1300円。

 

f:id:tarantella3104:20180907124423j:plain

ごめんなさい。

正直微妙でした。

 

ご飯はかなり多いです。

 

お腹いっぱいにはなりますが上の写真と違い過ぎるし名物のホッキ貝がほんの一切れだけ。

 

一時間近く並んで1300円払って食べるほどではないですね。

 

食事後は苫小牧西港に移動しターミナルでお土産を購入します。

 

 

台風の影響もあり出航も遅れ21時過ぎになるとチェックイン時に告げられました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124431j:plain

バイク乗船は18時30分

 

 

予定通り21時過ぎの出航となりました。

 

 

この時帯広で一緒だったヤマハBOLT乗りのライダーさんも、中標津森林キャンプ場で一緒だったライダーさんも一緒に乗り込みます。

 

乗船してすぐにお風呂に入りロビーで寛いでいるとBOLT乗りのライダーさんが一緒にいいですか?と声をかけて下さいました。

 

 

仲良くなったヤマハセロー乗りのライダーさんも合流して北海道の話で盛り上がります。

 

 

23時過ぎにお開きにして休みました。

 

 

朝4時頃に目を覚ましてニュースを見て愕然としました。

 

 

 

北海道で大地震が発生したとのことです。

 

先ほどまで北海道にいたのに、信じられない気持ちです・・・

 

甲板に出てみると・・・

 

 

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124610j:plain

偶然です。

苫小牧に向かうさんふらわあふらのです。

 

 

複雑な心境でした。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124625j:plain

福島の原発の前を航行していきます。

 

 

定刻を30分ほど過ぎて大洗に到着。

f:id:tarantella3104:20180907124622j:plain

f:id:tarantella3104:20180907124550j:plain

隣のモンスター乗りさん、後半ご一緒が多かったBOLT乗りさん、船で飲んだセロー乗りさん、中標津で一緒だったライダーさんに別れを告げます。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124554j:plain

ひたすら6号線を進みスカイツリーまできました。

 

あともう少し!

 

 

山手通りを走行中かなりの積載のホンダCB400が隣に。

 

信号待ちのわずかな時間に話をすると北海道を目指していたけど青森で断念して帰宅の途につくとのこと。

 

 

青森まで行ってどれだけ残念な思いをしたかと思うと言葉もありません。

 

 

 

北海道に行こう!と決めて準備を進めるためにお休みを取って出かけることもなかなかの決心が必要ですが青森から引き返してくる決心はそれ以上だと思います。

 

 

 

手を振って挨拶を交わし・・・

 

 

f:id:tarantella3104:20180907124618j:plain

地元高円寺に到着です!

 

私の北海道ツーリングが完結した瞬間です。

 

スマホが壊れたこともあり正確な距離はわかりませんが給油の量から割り出すと自宅〜大洗間も含めておよそ2600キロほど。

 

 

 

 

前半台風19号20号の影響を受けながらも天気には恵まれ、紋別手前で初めて走行中の雨に降られたことは極めてラッキーだったと言えます。

 

 

 

 

今回は帰りに影響を受ける可能性もあった台風21号による欠航もなく無事に帰ってこれたことに感謝です。

 

 

 

 

 

今となっては北海道の地震で被災された方々が一刻も早く普段の生活に戻れることを願ってやみません。

 

 

ツーリングブログ読んで下さった皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

BELLO

 

 

 

 

 

2018 スーパーカブで行く北海道ツーリング 13 中標津〜釧路〜幸福駅〜帯広

中標津の森林キャンプ場で朝を迎えます。

 

朝から蚊が多くコーヒーも飲まずにテントを撤収して釧路に向かいます。

 

この北海道滞在で一番早くの出発です。

 

 

5時に起きて6時にキャンプ場を出て8時過ぎに釧路に入りました。

 

 

まず向かったのは和商市場。

 

勝手丼という丼が有名です。

 

それぞれのお店でご飯を買ってからトッピングの具材を購入して思い思いの丼を完成させるというものです。

 

なんだかんだトッピングすると結構いい値段になるようです。

 

 

私は家に送るお土産として甘塩の鮭とタラコ、冷凍ホタテ、ホッケの干物、ししゃも、イクラのしょうゆ漬け、ワカメを買いました。

 

その後は釧路湿原に向かいました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114604j:plain

バイクを所定の場所に停めて散策スタートです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114611j:plain

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114622j:plain

知床五湖よりはずっと歩きやすいです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114629j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114635j:plain

反対側からガイドさんと団体のツアーの方々がやってきました。

この花のことについて説明されていたようです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114641j:plain

知床五湖同様こちらもコースが長いものと短いものとあるので常にこの案内を見ながらすすみます。

 

f:id:tarantella3104:20180907114648j:plain

 

この少し先に展望台があるようです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114654j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114715j:plain

とても広大な釧路湿原

 

f:id:tarantella3104:20180907114702j:plain

どうやら私はコースを逆行していたようです。

どちらかから回るという明確な順路はないのですが私は上の案内の順路を時計回りに歩いてきましたが私以外の人はみんな反時計回りで散策してらっしゃいました。

 

行き交う人たちと「こんにちは」と挨拶を交わしながら進みます。

 

f:id:tarantella3104:20180907114722j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114729j:plain

どんよりとした空模様ですがそれほど寒くないですし天気もまずまずです。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114738j:plain

途中こんな吊り橋もあったり

 

f:id:tarantella3104:20180907114748j:plain

結構急な階段もあったりします。

 

なかなか体力が必要な散策です。

 

アップダウンが多いので知床五湖よりはこちらのほうが散策はきついと思います。

 

 

 

ビジターセンターにもどってからソフトクリームを食べて帯広方面に向かいます。

 

 

 

途中R38の恋問の道の駅でラーメンを食べました。

 

豚丼と悩みましたがずっと走っていると体も冷えてくるので、より温かいものが食べたくなります。

 

f:id:tarantella3104:20180907123910j:plain

どこにでもあるラーメン屋さんのようですがボリュームもあって美味しかったです。

今から思えば野菜ラーメンの味噌味にすればよかったとかなり遅い後悔です笑

 

 

f:id:tarantella3104:20180907123914j:plain

頂いたのは醤油ラーメン。

 

これはこれですごく美味しかったです。

 

普段は仕事のことを考えて生物や匂いの残りそうなものは避けますが卓上のにんにくをこれでもかというくらい入れて食べました笑

 

 

外観の写真の私のカブの隣のバイクの男性とはこのあと何度もお会いし、帰りの船でも一緒になりました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907123932j:plain

こちらの恋問館ではお土産を買うこともできます。

中にはレストランもあり、そちらで豚丼を食べられます。

 

食事とトイレを済ませて帯広に向かいますが前から行ってみたかった幸福駅に行ってみます。

 

途中雨に降られレインウェアを着込んで幸福駅に到着です。

 

 

着いた時は小雨が降っていましたが、しばらく写真を撮っていると雨も上がってきました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907115045j:plain

なんだろう。

 

行ってみたくて来てみたものの観光地としてそれはそれでいいのかもしれませんが、なんかちょっと違うなという感じになります。

 

 

昔の駅舎にはすぐ隣の売店で売られている切符のを模した紙が駅舎に貼られていて素朴さが微塵も感じられません。

お土産やさん以外にもカフェがあったりします。

 

f:id:tarantella3104:20180907114757j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114806j:plain

もちろん駅ですから電車も。

当時走っていたものでしょう。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114817j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114830j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114839j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114848j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114856j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114937j:plain

全然観光地でいいんですけど守るべきものは守らないといけないのではないでしょうか?

 

もっと素朴なものを期待していたので少し残念。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114926j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114934j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114946j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114952j:plain

f:id:tarantella3104:20180907115001j:plain

f:id:tarantella3104:20180907115008j:plain

駅舎だけ撮りたかったのですが手前には何の意味があるのか鐘まで作られています。

 

 

駅として使われていた時はなかったであろう鐘まで・・・

 

f:id:tarantella3104:20180907115023j:plain

f:id:tarantella3104:20180907115036j:plain

 

 

少し残念な気持ちで幸福駅をあとにし帯広に向かいます。

 

この時点でまた霧雨が降ってきました。

 

早々とキャンプを諦めることにします。

 

でも心の中では「やった!布団で寝られる!温泉にも入れる!」と携帯から帯広のドーミーインに予約入れます笑

 

 

 

帯広ではコンビニでなくワインを飲みに行きます。

 

ホテル近くのレストランで軽く食事をすませて明日に備えて休むことにします。

 

 

この時点で台風21号の動向が気になり始めます。

 

帯広にもう一泊して最終日に苫小牧まで走ろうかと思いましたが、連泊すると確かにゆっくりできるのですが明後日の天気によっては帯広〜苫小牧の走行がかなりきつくなると思い、翌日帯広を出発して苫小牧でゆっくりすることを選びました。

 

時間を持て余すかもしれないというリスクもありましたし、台風の進み具合によっては船の欠航もあり得る中翌日帯広を発つことを決めました。

2018 スーパーカブで行く北海道ツーリング 12 知床五湖〜中標津

オシンコシンの滝からさらに北上して知床五湖に向かいます。

 

北上するとともに標高も稼いでいきかなりの寒さです。

 

 

知床五湖の駐車場に到着です。

 

バイクは200円の駐輪場代を支払います。

 

駐車場入り口からまっすぐすすんだ右手にバイク専用の駐輪スペースがあります。

 

 

ここでも今まで出会った人たちのバイクがちらほら。

 

身支度を整えてフィールドハウスに向かいます。

 

ここで250円のチケットを買ってから用紙に必要事項を記入してから約10分ほどのレクチャーを受ける必要があります。

 

ほとんどはビデオでのレクチャーです。

 

 

レクチャー後は早速コースに出ることになります。

 

f:id:tarantella3104:20180907113726j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113735j:plain

大ループと小ループにコースが分かれています。


私は大ループで申し込んでいます。

 

一緒にレクチャーを受けた三人組の男性も大ループでした。

 

一緒に回るということでなくレクチャー後は思い思いのペースで回ります。

 

 

なのでコースの周りに誰もいない時もあったりします。

 

 

そんな時は少し熊がいるんじゃないかと思ったりしてドキドキします。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113744j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113759j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113809j:plain

道は一応わかりやすくなっていますので迷うことはありません。

 

こんな雰囲気の中をレクチャーのビデオを見た後に一人で歩くのは少し怖いです。

 

レクチャーでもありましたが熊がいそうなところでは手を叩いたり「ほいほい!」と声を出しながら進みます。

 

熊よけの鈴をつけている人も多いです。

 

私も持っていたのですが付けるのを忘れてしまいました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113820j:plain

大ループでは五湖全てをまわります。

 

 

順番に五→四→三→二→一という具合に回ります。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113833j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113844j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113856j:plain

周りに人がいないと本当に静かで大自然を感じることができます。

 

熊がいないかかなり周りをキョロキョロしながらの散策でした。

 

f:id:tarantella3104:20180907113905j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113914j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113924j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113932j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114018j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114030j:plain

広すぎてどう撮っていいのかわかりません笑

 

f:id:tarantella3104:20180907114100j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114135j:plain

 

f:id:tarantella3104:20180907113932j:plain

 

f:id:tarantella3104:20180907114107j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114120j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114127j:plain

レクチャーでは最近の熊の目撃情報について説明がありますが直近ではこの日の前々日に目撃されているようです。

出会いたくはないですが野生のヒグマを是非この目で見たいです。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114135j:plain

これまで北海道では野生のキタキツネ、リス、エゾシカなど見てきましたが熊となるとなかなか見れないものです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114159j:plain

上を見ると何か鳥の巣のようなものがあります。

 

 

小熊などは木に登ることもあるようで、レクチャーでは木の上も注意してみるように指導されます。

 

 

目をつぶって深呼吸しているとなにやら物音が・・・

 

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114150j:plain

いました。

 

野鳥です。

この時点で名前はわからなかったのですが帰宅してから調べてみるとこれはアカゲラというキツツキの仲間のようです。

 

木の枝を咥えていますが巣作りに使うのでしょうか?

 

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114207j:plain

目を閉じて耳をすませると意外にも多くの野鳥の羽音が聞こえてきます。

 

f:id:tarantella3104:20180907114218j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114233j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114243j:plain

とても可愛いですが撮るのが難しいです。

 

 

でもなかなか野鳥を撮るのは面白いですね。

 

 

野鳥を専門に撮るカメラマンも多いですがなんか気持ちがわかる気がします。

 

f:id:tarantella3104:20180907114252j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114259j:plain

すごくいい天気です。

 

知床の週間天気予報をじっくり見ながらこの日に合わせた感じになりますが、こちらの天気は変わりやすくなかなか思っていた通りにはならないものです。

 

知床をこんなにいい天気で回れることは運がいいと実感。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114335j:plain



f:id:tarantella3104:20180907114322j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114316j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114358j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114404j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114412j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114421j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114436j:plain

 

散策も終盤の高架木道へと進みます。

 

f:id:tarantella3104:20180907114447j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114455j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114504j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114515j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114537j:plain

この写真のどこかにヒグマがいるかもしれません。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114557j:plain

 

 

二時間弱の散策でしたがとても良かったです。

 

バイクのところに戻ると青年が出発の身支度を整えていました。

 

 

レインウェアを着ていますがこのあとの知床横断道路での急な雨を想定しての身支度でしょうか?

軽く会釈をして私も身支度を整えます。

 

ホンダのバイクに乗った女性が一人で来ました。

 

キョロキョロしていたので知床五湖はあそこの建物でチケット買ってレクチャー受けてから散策行くんですよと教えてあげました。

 

このあとは釧路を目指しますが知床五湖で時間をかなり費やしてしまいましたので根室方面は諦めて中標津経由で釧路方面を目指すことにします。

 

 

知床五湖の先にあるカムイワッカの滝は行くべきだったと後悔していますし、熊の湯温泉にも行きたかったですが諦めました。

 

結局釧路まではたどり着けずに中標津の森林キャンプ場にテントを張ることにしました。

 

 

 

森林の中だけに蚊が多くテントを張ってから早々に休むことにしました。

 

 

翌日は朝一番で釧路を目指します。

2018 スーパーカブで行く北海道ツーリング 11 清里町〜斜里〜知床

清里町のオートキャンプ場で朝を迎えました。

 

ご飯を炊きながら出発の準備を整えていると一人の男性が近づいてきます。

 

 

私のバイクの杉並ナンバーに反応するかのように杉並のどちらですか?っていう感じでお話が進むと・・・

 

 

なんと私が以前住んでいた杉並区清水のすぐ近くにお住まいということでした!

 

 

思わず地元ネタで盛り上がります。

 

 

その男性とは10分ほど話をしたかもしれません。

 

 

近くに寄ったら是非と言われ清里町のキャンプ場をあとにします。

 

 

 

ここからさくらの滝を目指します。

 

ここはサクラマスが登ってくることで有名な滝なんですが。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113102j:plain

ちょっと時期がずれていたのか遡上するマスの姿を見ることができません。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113117j:plain

なかなか立派な滝ですがこんな滝を魚が遡上するなんて信じられません。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113134j:plain

滝の下流方面です。

 

ここでも熊の目撃情報があるようですがそんな気もしません。

 

 

 

ここからこの辺では有名な神の子池に向かいます。

 

 

近くのようですが県道を進み右折するとそこからはダートが続きます。

 

 

かなり荒れたダートで大きな穴もあいています。

 

 

そんな過酷なダートだったのでゆっくりと進んでいきます。

 

 

 

10分ほどでしょうか。

 

f:id:tarantella3104:20180907113140j:plain

神の子池の駐車場に到着です。

 

 

さくらの滝で出会った福井発の日本一周のライダーの青年も来ていました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113149j:plain

池に通じる渓流には最後の到達地点まで遡上してきたサクラマスが流れの脇で休んでいます。

 

 

この子達はあのさくらの滝を登ってきたのでしょうね。

 

この先は神の子池ですがこれ以上の渓流もなくここで力尽きて死んでいくのだと思います。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113159j:plain

身体もボロボロですが子孫を残すためにここまでやってきたんですね。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113212j:plain

サクラマスがいた反対側には神の子池に通じる池があります。

 

 

ここを少し進むと・・・

 

f:id:tarantella3104:20180907113216j:plain

神の子池に到着です。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113227j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113237j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113247j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113256j:plain

ちょっと陽の当たり方でよくわかりませんがかなり澄んでいてきれいです。

 

池では所々でオショロコマが遊んでいます。

 

f:id:tarantella3104:20180907113314j:plain

駐車場まで戻ってきます。

 

 

先ほどの渓流を見ているとまだあの二尾のサクラマスが泳ぐかのように身体を休めているようです。

 

f:id:tarantella3104:20180907113324j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113334j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113341j:plain

生命の神秘と力強さを感じて感動しました。

 

 

眺めるでも見守るでもなくただただその場でこの二尾のサクラマスをしばらく眺めていました。

 

生きることは私たち人間にも通じること。

 

 

すごく考えさせられる光景です。

 

 

 

 

そんな気持ちを胸に刻み、来た道を引き返して斜里方面にバイクを走らせます。

 

 

 

北の大地を感じさせるところに行きます。

 

 

斜里の町に入ると踏切を渡り右にカーブするとかなり長い直線が見えます。

 

 

これが天に続く道か!

 

 

 

 

さらに進むとだんだんそれっぽくなくなってきます。

 

 

でもまだ先に何かあると思い進んでいきます。

 

 

すると左側に物見櫓のようなものが見えてきます。

 

 

ここが天に続く道なのか?!

 

 

櫓に登って振り返ると・・・

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113354j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113403j:plain

まさに北の大地を裂くように天に続いています!

 

 

櫓から降りて道沿いにバイクを停めて記念撮影です。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113410j:plain

これです!

 

延々と続く一直線の道。

 

まさに北海道!!!

 

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113419j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113438j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113445j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113455j:plain

まさに北海道で見たかった景色!

 

シンプルですが北海道に来たっていう実感が湧いてきます。

 

 

 

更に知床方面にバイクを走らせると・・・

 

左手の河口で釣りを楽しむ人々の姿が。

 

 

川の上流を見ると・・・

 

f:id:tarantella3104:20180907113511j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113522j:plain

この遡上するマスの数!

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113532j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113544j:plain

釣り損じたのでしょうか、釣り人の仕掛けを体にかけたまま泳いでいる個体もあります。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113606j:plain

かなりの数のマスが泳いでいます。

 

あとで調べると遠音別橋というところです。

おんねべつと読むようです。

 

 

 

 

しばし眺めてからオシンコシンの滝に向かいます。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113617j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113624j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113635j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113642j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113701j:plain

f:id:tarantella3104:20180907113709j:plain

水しぶきがいい感じに顔にあたりマイナスイオンを感じます。

 

 

神の子池でも一緒だった日本一周ライダーと天に続く道で出会ったハーレー乗りの男性にもここで再会。

 

 

日本一周ライダーがソフトクリームを食べていたので思わず私も購入。

 

うまい!!!

 

 

お土産屋さんには熊の爪が売っていました。

 

買おうと思いましたが4000円〜5000円となかなかの高額。

 

 

もちろんやめました。

 

買っても良かったかなと今更後悔・・・笑

 

 

f:id:tarantella3104:20180907113719j:plain

オシンコシンの滝は国道からも近くです。

 

海の見えるところが国道があるところです。

 

 

ここから知床五湖を見に行きます。

 

 

旅の後半の山場になります。

 

天気も最高にいいです!

 

 

 

知床最高です!!!