BELLOの日常

仕事のことや趣味の料理、写真など日々の変化を綴っています。

貧乏人のパスタ料理

変なタイトルですがイタリアにはそういう名前のパスタ料理が実在します。

 

 

由来はどの家庭にもあるもので作れるところからです。

 

 

 

材料はパスタ、タマゴ、黒こしょう、チーズ、塩。

 

 

ホントにこれだけで作れます。

 

作ったのがコレ ↓

f:id:tarantella3104:20161017115447j:plain

なに!?コレ!?

って感じでしょうか(笑)

 

これが実に美味しいんです!

下手なカルボナーラよりずっと美味しいです!


作るのも本当に簡単!
誰でも美味しく作れます。

 

 

f:id:tarantella3104:20161017115411j:plain

トッピング用の目玉焼きを作ります。

 

最低限目玉焼きが作れたら問題無し〜♪

 

お皿に別にしておきます。

 

f:id:tarantella3104:20161017115854j:plain

 

同じフライパンで超半熟の目玉焼きをもう一つ作ります。

 

この時すでにパスタは茹でられています。

 

パスタが茹で上がる2分くらい前に目玉焼きを作る感じでしょうか。

 

茹で上がったパスタを超半熟の目玉焼きと絡めていきます。

 

f:id:tarantella3104:20161017120517j:plain

 

こんな感じで豪快に!
目玉焼きの崩れ具合もテキトーで大丈夫です!

ここでのコツはパスタの茹で汁も一緒に加えて少しシャバいくらいに仕上げること。

 

パスタはもちろんアルデンテで!


ここですりおろしたパルメザンチーズを投入します。

するとシャバかったソースが一気にカチッとします。

 

 

中華料理で水溶き片栗粉を入れるイメージですね。

 

f:id:tarantella3104:20161017120143j:plain

 

 

もしパサつくようでしたらパスタの茹で汁を少し加えます。

 

f:id:tarantella3104:20161017120358j:plain

 

先に作っておいた目玉焼きをトッピングしてさらにチーズをふりかけて黒こしょうをガリガリっと挽いたら出来上がりです!

 

目玉焼きは崩して適当な感じで食べます。

 

タマゴはトッピング無しで一つ使うのももちろんありですし、二個ともまるまる崩してソースにしてもいいですし、アスパラ添えたり生ハムトッピングしたり、豪華にトリュフオイルを回しかけてもいいですね。

 

今日は撮影ないですがたまった撮影データの補正に一日かけます。

 

夕方から補正終わったデータの納品に行ってきます!


さ、美味しいパスタも食べてブログも更新したので今から一気に仕事モード突入です!