BELLOの日常

仕事のことや趣味の料理、写真など日々の変化を綴っています。

2018 スーパーカブで行く北海道ツーリング 13 中標津〜釧路〜幸福駅〜帯広

中標津の森林キャンプ場で朝を迎えます。

 

朝から蚊が多くコーヒーも飲まずにテントを撤収して釧路に向かいます。

 

この北海道滞在で一番早くの出発です。

 

 

5時に起きて6時にキャンプ場を出て8時過ぎに釧路に入りました。

 

 

まず向かったのは和商市場。

 

勝手丼という丼が有名です。

 

それぞれのお店でご飯を買ってからトッピングの具材を購入して思い思いの丼を完成させるというものです。

 

なんだかんだトッピングすると結構いい値段になるようです。

 

 

私は家に送るお土産として甘塩の鮭とタラコ、冷凍ホタテ、ホッケの干物、ししゃも、イクラのしょうゆ漬け、ワカメを買いました。

 

その後は釧路湿原に向かいました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114604j:plain

バイクを所定の場所に停めて散策スタートです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114611j:plain

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114622j:plain

知床五湖よりはずっと歩きやすいです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114629j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114635j:plain

反対側からガイドさんと団体のツアーの方々がやってきました。

この花のことについて説明されていたようです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114641j:plain

知床五湖同様こちらもコースが長いものと短いものとあるので常にこの案内を見ながらすすみます。

 

f:id:tarantella3104:20180907114648j:plain

 

この少し先に展望台があるようです。

 

f:id:tarantella3104:20180907114654j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114715j:plain

とても広大な釧路湿原

 

f:id:tarantella3104:20180907114702j:plain

どうやら私はコースを逆行していたようです。

どちらかから回るという明確な順路はないのですが私は上の案内の順路を時計回りに歩いてきましたが私以外の人はみんな反時計回りで散策してらっしゃいました。

 

行き交う人たちと「こんにちは」と挨拶を交わしながら進みます。

 

f:id:tarantella3104:20180907114722j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114729j:plain

どんよりとした空模様ですがそれほど寒くないですし天気もまずまずです。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114738j:plain

途中こんな吊り橋もあったり

 

f:id:tarantella3104:20180907114748j:plain

結構急な階段もあったりします。

 

なかなか体力が必要な散策です。

 

アップダウンが多いので知床五湖よりはこちらのほうが散策はきついと思います。

 

 

 

ビジターセンターにもどってからソフトクリームを食べて帯広方面に向かいます。

 

 

 

途中R38の恋問の道の駅でラーメンを食べました。

 

豚丼と悩みましたがずっと走っていると体も冷えてくるので、より温かいものが食べたくなります。

 

f:id:tarantella3104:20180907123910j:plain

どこにでもあるラーメン屋さんのようですがボリュームもあって美味しかったです。

今から思えば野菜ラーメンの味噌味にすればよかったとかなり遅い後悔です笑

 

 

f:id:tarantella3104:20180907123914j:plain

頂いたのは醤油ラーメン。

 

これはこれですごく美味しかったです。

 

普段は仕事のことを考えて生物や匂いの残りそうなものは避けますが卓上のにんにくをこれでもかというくらい入れて食べました笑

 

 

外観の写真の私のカブの隣のバイクの男性とはこのあと何度もお会いし、帰りの船でも一緒になりました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907123932j:plain

こちらの恋問館ではお土産を買うこともできます。

中にはレストランもあり、そちらで豚丼を食べられます。

 

食事とトイレを済ませて帯広に向かいますが前から行ってみたかった幸福駅に行ってみます。

 

途中雨に降られレインウェアを着込んで幸福駅に到着です。

 

 

着いた時は小雨が降っていましたが、しばらく写真を撮っていると雨も上がってきました。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907115045j:plain

なんだろう。

 

行ってみたくて来てみたものの観光地としてそれはそれでいいのかもしれませんが、なんかちょっと違うなという感じになります。

 

 

昔の駅舎にはすぐ隣の売店で売られている切符のを模した紙が駅舎に貼られていて素朴さが微塵も感じられません。

お土産やさん以外にもカフェがあったりします。

 

f:id:tarantella3104:20180907114757j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114806j:plain

もちろん駅ですから電車も。

当時走っていたものでしょう。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114817j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114830j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114839j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114848j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114856j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114937j:plain

全然観光地でいいんですけど守るべきものは守らないといけないのではないでしょうか?

 

もっと素朴なものを期待していたので少し残念。

 

 

f:id:tarantella3104:20180907114926j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114934j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114946j:plain

f:id:tarantella3104:20180907114952j:plain

f:id:tarantella3104:20180907115001j:plain

f:id:tarantella3104:20180907115008j:plain

駅舎だけ撮りたかったのですが手前には何の意味があるのか鐘まで作られています。

 

 

駅として使われていた時はなかったであろう鐘まで・・・

 

f:id:tarantella3104:20180907115023j:plain

f:id:tarantella3104:20180907115036j:plain

 

 

少し残念な気持ちで幸福駅をあとにし帯広に向かいます。

 

この時点でまた霧雨が降ってきました。

 

早々とキャンプを諦めることにします。

 

でも心の中では「やった!布団で寝られる!温泉にも入れる!」と携帯から帯広のドーミーインに予約入れます笑

 

 

 

帯広ではコンビニでなくワインを飲みに行きます。

 

ホテル近くのレストランで軽く食事をすませて明日に備えて休むことにします。

 

 

この時点で台風21号の動向が気になり始めます。

 

帯広にもう一泊して最終日に苫小牧まで走ろうかと思いましたが、連泊すると確かにゆっくりできるのですが明後日の天気によっては帯広〜苫小牧の走行がかなりきつくなると思い、翌日帯広を出発して苫小牧でゆっくりすることを選びました。

 

時間を持て余すかもしれないというリスクもありましたし、台風の進み具合によっては船の欠航もあり得る中翌日帯広を発つことを決めました。